(旧)茨城の片隅でフランス生活

実家に南フランスの村をつくることを夢見る夫婦&うさぎの日記。 家づくりやガーデニングのことを中心に綴ってゆきます。

いばフラのブログが新しくなりました!
https://ibafralife.com/

薪販売 薪販売

2015/04

雪丘工房の灯油ランタン

やっぱり炎はいいなと思う。
LEDや蛍光灯って省エネで便利な灯だけど、なんだか味気なく感じてしまうのに対し、ゆらめく炎は見ていて飽きることがない。
そんな僕の周りにはいつの間にかたくさんの火器が集まってしまったわけだけど、その中でもこの雪丘工房の灯油ランタンはお気に入りの逸品です。

職人の手によって1枚の真鍮板から作り出される傑作ランタン。
収納状態では缶コーヒーほどの大きさで、写真はすべて取り出した状態。


雪丘工房の灯油ランタン

組み立てるとこんな感じ。
プレスで大量生産されるものと違って、すべて本当の手作業。真鍮板を叩いて叩いて成型されてます。
ホヤの周りに何も遮るものがないので周囲に影ができないところや、運搬時に絶対に灯油が漏れない構造など、こんなに小さいのに細かいところまで考えてつくられています。


雪丘工房の灯油ランタン

キャンプ場で常夜灯として使うもよし、たまには部屋で明かりを消して炎を眺めながら過ごすのも悪くない。
1キャンドルパワー(ロウソク1本分の明るさ)しかないから煌々と照らすことはできないけど、この小さな炎を眺めながら飲む酒は格別なのです。
ちょっと勇気のいるお値段ですが、それだけの価値はある逸品です。


関連記事:雪丘工房のタブキャンドルランタン『ビートル』も買いました。 


雪丘工房のHPはこちら






スポンサードリンク
 


GR006348.jpg

ここ最近体調がすぐれず熱が出たり頭痛がひどかったり。昨日も昼間出かけようと車に乗り込んだはいいけど、あまりに暑くて夫婦共々気分が悪くなって、結局近所のイオンで食材を買って帰宅。このところの急激な気温の変化に体がついていっていない感じです。年かー。

炭で火を熾して焼肉しながら、最近ハマっている『弱虫ペダル』のアニメを観ることに。
どうやら僕たち夫婦はスポ根ものに弱いらしく、過去にも『カペタ』とか『ちはやふる』にハマってたんだけど、この『弱虫ペダル』も僕らのハートを鷲掴みにしてます。
ちなみに『弱虫ペダル』というのは高校の自転車競技部を描いた漫画です。

しかしあれですね。こういうスポーツものってのは白熱してくると時間の流れが極端に遅くなりますね。自転車は時速50キロ以上のスピードで走っているはずなのに、20分のアニメの中で200mくらいしか進みません。
本来なら1分間で1km近く進むところ20分で200m。時間が100倍くらいに伸びてます。
そういえば『スラムダンク』も最後の方は1試合が終わるのに年単位で時間がかかってた気がするな。

そうか。面白さの秘訣は時間の流れにあったのか。
つまりこのブログも家が完成するまでに数十年かければ面白くなるってことか!(←違います)


写真は先日配管工事をしたところに土間コンクリートを打設した様子。
ここからお風呂を設置するまでを1年位かけて書いていこうと思います。(←ダメです)


GR004710.jpg

昨日ブログにコメントをいただきまして、ノエルの三重顎は『肉垂』と言って、うさぎの女の子には普通にあるもので、太り過ぎじゃないそうです。

ノエル 「もう、失礼しちゃうわ」

この肉垂、何のためにあるのか調べてみたら、出産が近づくと肉垂周辺の毛を抜いて巣にするんだそうです。うさぎ用語では『マフマフ』というそうな。
まだまだうさぎについて知らないことがたくさん。ちょっとずつ勉強してノエルとの生活を楽しんでいきたいものです。


INA_8066.jpg

小さかったノエルもこんなにたくましく育ちました。
ペレットをあげ過ぎなのかなー。顎が三重顎くらいになってる。

すごいマッチョに見えるけど女の子です。
ドラクエで言ったら見た目だけは戦士タイプ。得意技は『逃げる』だけどね。


GR006370.jpg

暖かくなってきて母自慢の庭にも少しずつ緑が増えてきた。
ターシャの庭ならぬ、セッコの庭。

植物を育てるのは難しいなと思う。僕ら夫婦はそれがとても苦手なようで、アパートで何度かチャレンジしたけど、ことごとく失敗してます。料理に使ったアボカドやマンゴーの種を植えて育ててたんだけど、どちらも枯らしてしまった。
母は植物を育てるのが好きなのです。

家が完成したらバジルとかローズマリーなどのハーブを植えて料理したりハーブティーを作って、それはそれは優雅な生活を満喫する予定なんだけど、そういうわけで育てるのは母様、食べるのは僕らという素晴らしい構図になると思います。まさにWin-Winってやつです。


↑このページのトップヘ