雪丘工房の灯油ランタン

やっぱり炎はいいなと思う。
LEDや蛍光灯って省エネで便利な灯だけど、なんだか味気なく感じてしまうのに対し、ゆらめく炎は見ていて飽きることがない。
そんな僕の周りにはいつの間にかたくさんの火器が集まってしまったわけだけど、その中でもこの雪丘工房の灯油ランタンはお気に入りの逸品です。

職人の手によって1枚の真鍮板から作り出される傑作ランタン。
収納状態では缶コーヒーほどの大きさで、写真はすべて取り出した状態。


雪丘工房の灯油ランタン

組み立てるとこんな感じ。
プレスで大量生産されるものと違って、すべて本当の手作業。真鍮板を叩いて叩いて成型されてます。
ホヤの周りに何も遮るものがないので周囲に影ができないところや、運搬時に絶対に灯油が漏れない構造など、こんなに小さいのに細かいところまで考えてつくられています。


雪丘工房の灯油ランタン

キャンプ場で常夜灯として使うもよし、たまには部屋で明かりを消して炎を眺めながら過ごすのも悪くない。
1キャンドルパワー(ロウソク1本分の明るさ)しかないから煌々と照らすことはできないけど、この小さな炎を眺めながら飲む酒は格別なのです。
ちょっと勇気のいるお値段ですが、それだけの価値はある逸品です。


関連記事:雪丘工房のタブキャンドルランタン『ビートル』も買いました。 


雪丘工房のHPはこちら


スポンサードリンク


関連記事


Twitterでいなっちょをフォローしよう!